イメージ画像

個人民事再生(個人再生)には2種類ある

個人再生というと持ち家を守りながら債務整理が出来るという点が有名です。
この方法であれば、住宅ローン以外の借金を合法的に大幅に減額を出来るので、持ち家のある多重債務者の最後の希望という見方をされています。
個人民事再生には、下記2つの方法があります。
 ①小規模個人再生
 ②給与所得者等再生
どちらも、住宅ローンを除いた無担保の借金が5,000万円までの場合に利用できる債務整理方法です。
借金総額が5,000万円を超えている場合、この方法は適用できません。
個人再生の再生計画案に住宅資金特別条項を定めることで、再生中には住宅ローンの返済を猶予してもらうことが可能になります。

小規模個人再生

小規模個人再生は、継続的または反復的な収入のある個人を対象とした債務整理方法です。
無担保の借金が5,000万円以下の場合、適用できます。
全体の借金の総額が8,000万円でも、その内3,500万円には抵当権が設定されている場合、小規模個人再生が適用できます。
小規模個人再生では、3年間で返済するのが原則となっています。
※特別な事情がある場合、5年まで延長できます。
再生計画案に対する債権者の過半数の賛成が必要になります。

給与所得者等再生

文字通り、会社員など定期的な収入がある個人を対象とした債務整理方法です。
小規模個人再生と同様、債務額が5,000万円を超えない場合、適用可能です。
再生計画案を提出する前の2年間の可処分所得額を3年で弁済をすることが原則となります。
大きな特徴として、再生計画案に債権者の賛成が必要ない点が挙げられます。
その分、適用が厳格に定められており、裁判所も簡単には許可を出しません。

住宅資金貸付債権(住宅ローン)に関する特則

住宅ローンの返済に窮した場合に利用できる制度です。
返済スケジュールを組みなおしたりして、ローンの支払いを継続すれば、持ち家を差押を回避できます。
個人民事再生の再生計画案の中に組み込むのが一般的です。
住宅ローン以外の借金が無い方でもこの制度は利用できます。

債務整理 無料相談

債務整理の無料相談を弁護士や司法書士にしたいのなら「債務整理ドットコム」が便利です。
借金の法律問題に強い弁護士や司法書士が200名以上掲載されています。
債務整理の相談なら何度でも「無料」なので、安心して法律相談が出来ます。
多重債務者でも、闇金(ヤミ金)の相談でも、無料ですので是非一度電話してみて下さい。
債務整理ドットコム[http://hensai-soudan.jp/]

小規模個人再生の対象債権について

個人民事再生を適用して借金を圧縮しても、下記のような債権は対象外となります。

一般優先債権

一般優先債権とは、各種税金や健康保険料、罰金などです。
一般優先債権は個人再生の対象にはならない債務です。
そのため、個人再生とは別に債務者に随時返済する必要があります。

共益債権

債務者が事業を営んでいる場合、その原材料費や電気代などがそれに当ります。
個人の電気・ガス・水道代金も共益債権となります。
これらは個人再生の対象から外れているため、返済をする必要があります。

担保付債権

担保付債権は個人再生の対象外です。
但し、抵当権だけでは返済が出来ない場合、担保不足分を個人再生の中に含めることが出来ます。
例外は住宅ローン特則の適用で、持ち家の価値より住宅ローンの金額の方が上回るいわゆる逆ザヤの状態でも、個人再生に組み込まれることはありません。

債務総額の計算方法

個人民事再生の条件の一つに「借金の総額が5,000万円以下」というものがあります。
これはどのように計算されるのでしょうか。
下記に簡単に説明します。

1. 自分の債務総額の合計を計算します。※法定利息以上の債権については、引き直し計算を実施します。
2. 別除権(担保付債権)により弁済が見込まれる分を債務総額から引きます。
3. 住宅ローンを債務総額から引きます。
これらの計算により算出された債務総額が5,000万円以下の場合、個人民事再生が可能です。
ぎりぎりの額だと、これに返済遅延の損害金や利息が上乗せされ、5,000万円を上回ってしまうことがあるので、注意しましょう。

自己破産 茨城に強いサイト<自己破産ドットコム>

自己破産を茨城で考えている方、是非、自己破産ドットコム[http://hasan-soudan.jp/]にアクセスを!
自己破産ドットコムには、借金でも困る多重債務者の救済を得意とする弁護士や司法書士が200名以上掲載されている、日本有数の弁護士・司法書士の検索サイト。
相談料が無料なのはもちろん、通話料も無料なので、是非アクセスを。
下記は、茨城で自己破産の相談が無料の弁護士・司法書士の一覧です。
自己破産 茨城|自己破産ドットコム

過払い金 無料相談

過払い金の無料相談なら過払い金ドットコムが便利。
過払い金の法律問題に精通した弁護士・司法書士が多数掲載されているので、あなたのお住いから近い先生に相談をしましょう。
消費者金融や信販系からのキャッシングなど、過去10年以上に渡り融資と返済を繰り返している場合、過払い金が発生している可能性が高いです。
もったいないことになりかねませんので、是非一度相談をしてみて下さい。
過払い金ドットコム[http://kabarai-soudan.jp/]

このページの先頭へ